サンプルプログラム工場

AAKAKA Appで使われているプログラムのサンプルコードをそのまま公開!

サンプルプログラム工場 > 解説書 > GLES20の解説書
Google Play AAKAKAxSOFTへ

GLES20の解説書

GLES20.glBufferDataの「target」について

GLES20.GL_ARRAY_BUFFER
頂点バッファを書き込むときに指定する。
インデックスバッファを書き込むときもこっちを指定してしまってるときがあるから注意。

GLES20.GL_ELEMENT_ARRAY_BUFFER
インデックスバッファを書き込むときに指定する。

GLES20.glBufferDataの「usage」について

GLES20.GL_STATIC_DRAW
基本的に変更しないデータを書き込む場合に使う。
モデルデータを読み込んで、それを表示する場合とか?

GLES20.GL_DYNAMIC_DRAW
 データを頻繁に書き換えるときに指定する。
例えば物理をごりごり使ったクロスシミュレーションで毎フレーム頂点座標を書き換えたオブジェクトを表示するなこっちってことでしょうか?



, ,

AndroidのListView(ArrayAdapter)を拡張するサンプル@tryListView02 AndroidのListViewにボタンをつけるサンプル@tryListView03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>